みなさん如何お過ごしでしょうか、ARCHIST225号です。

昨日東京は雨でしたが、静岡は大変天気が良く、とても暑い『国土交通省土木工事積算基準の改定概要等説明会』に参加してまいりました。

公共工事の執行に係わる最近の動向について 国土交通省 中部地方整備局 企画部 技術調整監理官 松田 様

平成28年度積算基準・標準歩掛の改定概要について 一般財団法人 建設物価調査会 専任講師 石坂 様

以上2部構成にてお話を頂きました。

新規制定で6工種。維持修繕関係歩掛の改定が2工種。施工実態を踏まえた歩掛の改定が8工種。
原動機燃料消費量改定に伴う改定が53工種。建設機械等損料に伴う改定は全工種と大幅な改定です。

積算方法についても維持工事積算方法を複数年契約工事であっても年度毎の積算に変更されたり、
交通誘導警備員の積算について、共通仮設費の積上げから直接工事費の積上げに変更されたりしております。

久々に頭脳フル回転させたため50過ぎの脳みそはパンク寸前でした。

ARCHISTシステムには、ヴェッキオと言う補修積算・見積管理システムがありますので、頭脳フル回転で
覚えなくても大丈夫です。(ヴェッキオは小規模橋梁用です。)

このような歩掛の変更や新工法・材料等日進月歩で、変化して行きますので、ベッキオのマスターデータは
常に最新版である必要があります。随時更新は大変ですが、頑張りますよ~。