ビルテクト-100E

  • HOME »
  • ビルテクト-100E

高浸透型表面改質剤(鉄筋腐食抑制機能付)
ビルテクト-100E 放散等級区分表示F☆☆☆☆

100_img_01
100_img_02

sds_btn
catalog_btn
inquiry_btn

詳しくはカタログを御参照下さい。

ビルテクト-100Eは、アルキルアルコキシシランを主成分としたシラン系表面含浸材です。 コンクリート表面に塗布するだけで、コンクリート内部に深く浸透しコンクリート中のケイ酸と反応し結合することにより、コンクリート表層部と内部に強固な防水保護層を形成します。この防水保護層は、外部からコンクリート内部への水分及び劣化因子の浸透を抑制します。そのため、塩害及び中性化等の進行が阻止されると共に鉄筋腐食も抑制され、長期的な耐久性の向上や維持が期待できます。

特 徴

従来の材料に比べ、極めて浸透性に優れています(約10mm程度)。

長期間安定した、強固な防水保護層を形成します。

水分や塩分などの遮断性に優れています(約9割以上遮断)。

中性化防止に優れています(約9割以上防止)。

鉄筋腐食抑制効果を有しています。

マクロセル腐食抑制効果を有しています。

アルカリ骨材反応を抑制します。

塗布・乾燥後、外観を損ないません。

仕様

工程 塗布方法 標準塗布量※1
塗布工 吹付け/ローラー 0.35kg/㎡
下処理

1.養生テープ等を使用して、施工箇所以外を養生する。

2.高圧洗浄等により下地のエフロレッセンス、汚れ及び表面の脆弱層を除去する。

※塗布回数は、部位・季節・コンクリートの品質によって異なります。

施工手順

1) 施工面の清掃
施工面を高圧洗浄等により油脂、汚れ、塵垢等を 除去して清浄な面にします。

2) ビルテクト-100Eの塗布

・施工面が乾燥している事(表面含水率8%以下)であることを確認しスプレーガンや噴霧器、ローラーを用いて所定量塗布します。

・2回目以降の塗布は、前回塗布したものが乾燥後 (目視ならびに指触で確認、10〜60分後)再び塗布 を開始します。

性能比較

項目 ビルテクト-
100E
土木学会
グレードA
外観観察 変化なし
含侵深さ 5mm以上
透水抑制率 80%以上 80%以上
吸水抑制率 80%以上 80%以上
吸水率(60日目) 0.40%以下
透湿度 80%以上 80%以上
中性化抑制率 80%以上 30%以上
塩化物イオン 浸透抑制率 80%以上 80%以上
塩化物 イオン濃度 深さ 0〜1cm 1.0kg/㎥以下
深さ 1〜2cm 0.2kg/㎥以下
紫外線劣化による 透水抑制率 80%以上

※土木学会「表面保護工法・設計施工指針(案)」1994

使用上の注意事項

①4℃以上の環境下で施工してください。

②コンクリート表面を湿潤処理または雨に打たれた場 合は、乾燥状況の確認後、施工を行って下さい。
(表面含水率8%以下)

③施工後12時間以内に雨に流される場合は施工しないで下さい。

④水で希釈して使用しないで下さい。

⑤施工時は、防護メガネ、防護マスク等の保護具を着用して作業を行ってください。

100_img_03

PAGETOP
Copyright © 橋術家Archist |橋術家アー チスト All Rights Reserved.