FAQ

(9)交通量と工法の関連について 交通量による工法の適用条件等はありますか

AOS工法は伸縮部の舗装材が前後舗装と同じである為、轍掘れによる変形や損傷への耐久性は前後舗装と同様となり、現 …

(8)縦目地への適用について AOS工法は縦目地への適用は可能ですか

縦目地部分には、桁のたわみによる鉛直方向移動(上下せん断移動)及び相互の桁間での伸縮移動量の差異による(水平せ …

(7)舗装部のひび割れについて 舗装部にひび割れが発生しますか。

舗装部のひび割れ等の発生は一般合材の伸縮性能に起因しますので、ひび割れの発生は現場条件次第では起こりえるものと …

(6)加熱塗膜系防水、シート系防水の適用について 加熱塗膜系防水やシート系防水との組み合わせは可能ですか

現時点で一体化での性能照査試験結果の確認が取れている防水材はONEPIECE-GEL PROOF(常温型塗膜系 …

(5)伸縮装置設置工の単独適用について 伸縮装置設置工は実施するが橋面防水工は実施しない工事の場合、伸縮装置設置工のみを単独採用することは可能ですか

橋面防水工を同時に実施しない工事では伸縮装置設置工の単独採用は可能です。 本工法施工後には、防水層上での止水に …

(4)伸縮装置設置工と橋面防水工の同時実施について 伸縮装置設置工と橋面防水工を同時に行う目的は何ですか

橋梁上部に一体的な止水層を設けることで、主な破損部である床版及び桁端部からの梁下部への漏水を減らし、橋梁の長寿 …

(3)鋼橋への適用について 鋼橋への適用は可能ですか

回答 鋼橋の場合、桁のたわみの発生を考慮する必要があるため、一律に適用基準を設定することができないため、適用範 …

(2)舗装厚の適用条件について 適用条件(車道50~120mm、歩道40mm以下)舗装厚外での適用は可能ですか

適用条件以下の舗装厚でも適用可能です。橋梁の諸条件を確認の上で適用を検討させていただきます。 本工法では、アス …

(1)伸縮遊間幅の条件について 伸縮遊間幅20mm以上での施工はできませんか

20mm以上での適用も可能な場合があります。既に20mm以上での施工実績もございますので個別にご相談ください。 …

画像つなぎ機能はありますか?

画像をつなぐ機能は搭載しておりません。

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 橋術家Archist |橋術家アー チスト All Rights Reserved.