適用条件以下の舗装厚でも適用可能です。橋梁の諸条件を確認の上で適用を検討させていただきます。
本工法では、アスファルト層に一般アスファルト合材を使用するため、合材の伸縮性を起因とするひび割れが発生することがあります。
舗装が薄くあるいは厚くなるほど、舗装表面上のひび割れが発生する可能性が高くなります。勾配等により舗装端部の厚みが確保できない場合や薄層舗装を施工する場合はひび割れの懸念が大きくなります。ただし舗装表面上のひび割れはただちに伸縮性能及び床版防水性能に影響を及ぼすものではありません。
条件外の舗装厚では一定程度の舗装ひび割れの発生する可能性がより高いことを踏まえていただいた上で工法採用の検討をお願いいたします。