回答 鋼橋の場合、桁のたわみの発生を考慮する必要があるため、一律に適用基準を設定することができないため、適用範囲には記載してありません。
桁のたわみによる鉛直方向移動(上下せん断移動)が発生するため、舗装の破損を考慮して一般的に埋設型ジョイントは鋼橋への適用は避けられています。
しかしながら、小規模橋梁では桁のたわみ量及び伸縮移動量の桁間での差異は非常に小さくなる為、伸縮装置に要求される緩和移動量はあまり大きくないと考えられます。
つきましては、鋼橋については個別にたわみを踏まえた緩和移動量を設計者にご判断いただいた上で、個別の適用可否を回答しております。