橋面防水工を同時に実施しない工事では伸縮装置設置工の単独採用は可能です。
本工法施工後には、防水層上での止水によって滞水を生じるので、防水層上での排水装置がなければ、舗装と防水層間に滞水してブリスタリング等による早期の舗装損傷が考えられます。単独で使用する場合、床版防水の排水構造と接続できないため別途排水についての検討をおこなってください。
また、伸縮材と防水層を形成する材料(塗膜系防水・シート系防水等)との一体化の相性確認が取れず防水層の損傷が生じる恐れがある為、工法施工後は、床版全面において橋面防水材をONEPIECE-GEL PROOFに限定いただく必要があります。